2014年7月過去の記事一覧

 5月18日(日)に開催された今年の健康フェステバルでは、松井善典理事の企画で「まちのお医者さんと医学生の健康相談会」ブースが設けられ、医療面接やコミュニケーションに関心がある医学生9名と二人の医師(松井先生、宮地先生)で51件の相談に乗りました。

 相談に来られた方は、8ヶ月の赤ちゃんから80歳台までの全年齢にわたっていましたが、10代から30代の相談はなかったそうです。

 相談内容は、総じて、診断や治療よりも、自分なりの意見が医師からみてどうなのかたずねたいや、不安に対応して欲しいなどの相談が多かった印象があるそうです。

 相談開始の10時から終了の15時まで途切れることなく相談が続き、お昼を取るのもやっとの状況で終了しました。

参加学生の声

・相談会は「将来どのような医師でありたいか」、という自分の原点を思い出させてくれる素晴らしい機会となりました。また同じような志を持った学生と出会い、意見交換できたことに加えて、先生方の熱心で丁寧な指導のおかげで自分の視野を大きく広げることができ、今回の相談会がより貴重なものになりました。

・同じ健康の悩みでも、人によってその表現や気にしていることが様々であることを実感しました。測定したら高血糖だから相談に来たということは共通していても、生活習慣や薬に対するイメージは大きく異なっており、異なるアドバイスを必要としておられることに気が付かされました。大学で講義を聴いているだけでは学べない、貴重な経験となりました。

・相手の反応を見ながらコミュニケーションをとる、表面的なものにとらわれずに相手の言いたいことを探るということの重要性を、頭だけでなく、体で理解することができました。自分の将来の仕事にも生かせる内容であったと思います。本当に参加してよかったです。

20140716_01.jpg 20140716_02.jpg

「ワークショップ2014」への参加者を募集中です。

 滋賀県内の各地域で働いている医師の仕事を体験してもらうワークショップへの参加者を募集しています。
 今まで大学病院だけでは、なかなかイメージすることのできなかった「家庭医」という医師像を少しでも具体化することができれば幸いに思います。
 このワークショップは、滋賀県出身自治医科大学同窓会「さざなみ会」とNPO法人滋賀医療人育成協力機構の共催で開催します。

体験学習
夏休み・冬休み・春休み等の長期休暇期間に少なくとも一日以上、次の研修施設において体験学習を行います。
【研修施設】
長浜市立湖北病院、甲賀市立信楽中央病院、国民健康保険朽木診療所、東近江市湖東診療所、
東近江市あいとう診療所 医療法人社団弓削メディカルクリニック 東近江市永源寺診療所
地域包括ケアセンターいぶき、あざいリハビリテーションクリニック、
高島市民病院、西浅井町国民健康保険永原診療所

 全体報告会・懇親会
研修を受け入れていただいた研修施設の医師と、滋賀県出身の自治医科大学学生や体験学習に参加された学生の方々との懇談の場を設けたいと考えていますが、開催については未定です。
開催が決定となり次第、詳細を連絡します。

参加対象者 : 地域医療に興味のある医学生
参加費用 : 無料・研修にかかる旅費は負担します

このワークショップに興味のある方の連絡をお待ちしています!!

ワークショップのポスター

 滋賀県内の医師・看護師養成学校に在学中の学生さん、滋賀県出身で他都道府県の医学部に在学中の学生さんであればどなたでも参加いただけます。
興味のある学生さんはお問い合わせください。
参加申し込みの締め切りは7月25日(金)です。

ご参加をお待ちしております。

宿泊研修のポスター

平成26年度通常総会を開催しました

平成26年度 通常総会を、5月15日(金) 15時から、国立大学法人滋賀医科大学クリエイティブモチベーションセンターにおいて開催しました。

 総会には多数の正会員にご出席いただき(正会員132名のうち111名が出席(うち表決委任者93名))、「平成25年度事業報告・決算報告」 、「平成26年度事業計画 ・予算案」、「役員の選出」についてご審議いただき、ご承認を得ました。

20140627.jpg

*
特定非営利活動法人
滋賀医療人育成協力機構
〒520-2192
滋賀県大津市瀬田月輪町
滋賀医科大学内
※組織変更のため、すべてのご連絡はメールにてお願い致します。
medsatooya@gmail.com
*